令和に重し、米中覇権争 巨大債務! 

箱根山で噴火のリスクが高まっています。気象庁は519日、火山性地震

が急増したことを受け、噴火警戒レベルを2の「火口周辺規制」に引き上げており、要注意です。

令和の元号は、平成の天皇からの生前退位による令和の天皇に御譲位されたということで、大型10連中の最中の51日に祝賀ムードのもとにスタートしています。 両陛下は初の国賓としてアメリカ・トランプ大統領をお迎えし、日米の友好関係をさらに深めることにつとめられました。

さて、6月、大阪にて「G20 OSAKA SUMMIT 2019」が 日本初開催が開かれます。7月には、亥年の参議院議員通常選挙が実施されます。祝賀ムードが一転して戦闘モードとなります。‎

米中に目を向けると、すでに米中貿易戦争ともいわれる、先端技術や軍事力の覇権争いが本格化しており、アメリカ・ダウ株価をはじめとして、連日の落下となっています。為替も円高へと歩んでいます。リーマンショック級の出来事へと発展するかも知れず、10月実施予定の「消費税10%」へのアップの先送りとなる恐れもあり、累積債務がますます増大する懸念が高まります。

わが国の債務残高の推移は、1920年から敗戦への25年間と平成の30年間には、債務の積み上がり方に類似点が見られ、大戦末期の債務残高は一国の経済規模(GDP)のおよそ2倍となっていました。それ以上に深刻になっているのが2019年度のGDP比22倍です。 アメリカにあっても債務残高は、2010年代初期から今日まで1倍超えで逓増しています。 中国にあっても、企業などの借金がGDPの25倍に膨らんでいるとのことです。 GDP大国1位、2位、3位の債務状況から考えると、景気テコ入れ余地はもはや無い、といった状況ともいえます。

日本の産業界にあって、米中貿易摩擦の最中、いかなる手を打つべきでしょうか。

スイスの有力ビジネススクールIMDは28日、2019年の世界競争力ランキングを発表しており、日本の総合順位は30位と前年より5つ順位を下げ、1997年以降では過去最低となっており、アジアの中での地盤沈下も鮮明になっているとのことです。 企業の生産性の低さや経済成長の鈍化などが理由とのことですから、利益の内部留保を取り崩して、先端技術の研究開発投資によってGDPアップに貢献し、特に先端技術人材の育成に積極的に投資することが期待されます。

〜 研究開発投資によるGDPアップに舵を切り、“モノ補助”もR&D重点にチェンジを期待。

 

今月のトピック  

消費税増税対策に関して、随時情報を提供します。

 

https://www.jftc.go.jp/houdou/panfu_files/ihanjireipamphlet.pdf

 

「消費税の転換拒否に関する『主な違反事例』」の紹介

<目的> 

 平成2510月1日に、略称「消費税転嫁対策特別措置法」が施行されています。同法は、消費税率の引上げに当たって、消費税の転嫁拒否等の行為を禁止しており、中小事業者等が消費税を価格へ転嫁しやすい環境を整備するため、法に基づき消費税の転嫁拒否等の行為に対して、政府一丸となって監視・取締りを行っています。

 今般の消費税率(8%・10%)の引上げに当たり、あらためて、法の施行以降の主な違反事例の概要紹介を通じて、事業者等の皆様に消費税の転嫁拒否等の行為に関する理解をより一層深めていただくことを目的として作成されています。

消費税の転嫁拒否等の行為として規制対象となる行為

 平成2641日以降に特定供給事業者(売手)から受ける商品又は役務(サービス)の供給について、特定事業者(買手)が特定供給事業者(売手)に対して消費税の転嫁拒否等の行為を行う場合が規制対象となります。

消費税の転嫁拒否等の行為を行うと・・・

 特定事業者(買手)が消費税の転嫁拒否等の行為を行った場合には、公正取引委員会等による調査が行われ、転嫁拒否による不利益の回復など必要な指導が行われます。

 また、重大な転嫁拒否等の行為を行った事業者に対しては、公正取引委員会が勧告を行い、事業者名等を公表します。

 

 

 

 

 

 

 

知財経営シリーズ第2回

 
木島T&Bコンサルティングオフィス代表 木島研二

「知財の創出と活用」と中小企業の対応  20196月)

1.事業に有力な権利化できる知財

  知財は単に保有や出願だけでは無駄なコストになるので、権利化して事業に活用することが重要である。産業財、消費財で特に事業化に関係の深い知財とその概要を以下に示す。  

これらの内容は、知財の法制度の改訂により変わるため、最新の状況を注視しておく必要がある。技術面では特許が有力であるが、商品としては商標や意匠も重要である。実用新案は権利行使に課題もあるため、出願や活用には検討が必要であるが消費財では営業的な効果は考えられる。中小企業向けの施策や相談窓口等も拡充されている。

図表1 関連知財の特徴(公開知財情報よりポイントを記載した)

種 類

対象範囲例

登録と有効期間

事業への活用

特 許

技術的に高度な物、方法、

材料等、ICT活用の仕組み

査定登録

出願後20

技術や製品の独占と守り(参入障壁)

ビジネスモデル特許(ICT活用)

意 匠*

物の工業デザイン、

画面デザイン等

査定登録

設定後20

形状や概観等の認知、訴求(部分も可)

他社の侵害はわかりやすい

商 標

企業、商品、サービスの名称やロゴ、音や動き等

査定登録

10年ごとに更新可能

商品やサービスの認知、訴求(分野ごと)(3年不使用で取消)

著作権

ソフトウェア、コンテンツ、特定の技術資料等

創作で自然発生

死後50年で見直し

ソフトウェア、コンテンツ等の制作

非独占権、著作者の証明要、2次著作可

実用新案

実用品、産業品の装置

(物品形状)

出願登録

出願後10

権利化しやすいが、権利の活用が難しい

(権利行使に技術評価制度もあり)

2ICTの進展による影響

ICTの技術革新と適用拡大により、知財を取り巻く状況も大きく変わっている。その中でもソフトウェア、通信や制御技術、デバイスやICT機器のようなソフトからハード、ICT活用サービスやビジネスモデル特許のようなシステムが知財の対象となる。

最近はCAE3Dプリンタの性能向上に伴い、新たな機能やデザインの製品も拡大し、ICT進展によるデジタルデザイン等により意匠制度の見直しも進められている。さらにロボット活用、AIIoT活用の分野も拡大しており、ビッグデータの活用、各種情報の取り扱い等、新たな知財制度や対策も求められている。

たとえば、自動車分野では「自動運転」、「つながる車」、「EV化」、「シェアリング」等が進み、知財の内容や出願者が急激に変化している。ハードとソフトが融合し、製造業とサービス業の境界が曖昧になり、競合関係やビジネスモデルも複雑になっている。

顧客の大手企業や競合企業が取り組む中で中小企業も対応が必要となっている。革新的な性能の向上やコスト低減により、生産性向上や人手不足対策にも重要となってくる。

知財経営・補講

 
 


〜 前302号で掲載の「知財の創出と活用」と中小企業の対応」の補講です。

『中小・ベンチャー企業 知的財産戦略マニュアル』の紹介

中小企業基盤整備機構では、中小企業における知的財産の戦略的な活用を重要なテーマと位置づけ、『中小・ベンチャー企業 知的財産戦略マニュアル』を作成しています。

https://www.meti.go.jp/policy/intellectual_assets/pdf/00all.pdf

【補講】 知的資産経営のための基礎知識

知的資産とは「従来のバランスシート上に記載されている資産以外の無形の資産であり、企業における競争力の源泉である、人材、技術、技能、知的財産(特許・ブランド等)、組織力、経営理念、顧客とのネットワーク等、財務諸表には表われてこない目に見えにくい経営資源の総称」を指します。

したがって、我が国企業にとっての強みの源泉である言われ、例えば以下のようなものも知的資産に含まれます。

■製造段階での「すりあわせ」等、製品の細部へのこだわり/技術・ノウハウ

■顧客との意思疎通による問題解決型の商品/サービスの開発スピードの速さとそれを可能にする組織/システム(取引先の側からの次世代商品のリクエストを含む)

■レベルの高い要求のフィードバックを可能にするレベルの高い消費者の存在と消費者と企業の結びつき(質の高いネットワーク)

■品質や中長期的な安定的存在感、中期的な取引関係等に基づく信頼に裏打ちされた商品/サービス/企業のブランド力

■レベルの高い従業員のモチベーションの維持/能力の発揮及びそれを可能にしてきた雇用・組織関連のシステム

■技能者の裾野の広さに支えられた知的創造の能力

6月の研修会

先月迄の研修会

**************************************

302

●2019/05月のトピックス

「消費税転嫁対策特別措置法・概要版」 

知財経営シリーズ第1回 

**************************************

301

●2019/04月のトピックス

「中小企業の災害への備えを応援します」 

シリーズ記事連載の新規募集 

**************************************

300

●2019/03月のトピックス

「儲かる中小企業・人手不足に負けない111のポイント」発行 

芦村フェローからのご案内 経営環境ニュース 

**************************************

299

●2019/02月のトピックス

「COP24の結果について」 

芦村フェローからのご案内 新たな事業活動のための情報収集手法について 

**************************************

298

●2019/01月のトピックス

「農業競争力強化支援法」に基づく事業計画の申請を受付中! 

芦村フェローからのご案内 環境経営ニュース 

**************************************

297

●2018/12月のトピックス

第8回「ものづくり日本大賞」の募集 

芦村フェローからのご案内 技術・技能継承の留意点 

**************************************

296

●2018/11月のトピックス

「平成30年版 労働経済の分析」を公表 

芦村フェローからのご案内 環境経営ニュース 

**************************************

295

●2018/10月のトピックス

技術開発を支援する!SBIR

芦村フェローからのご案内「現場の業務プロセスの改善」

**************************************

294

●2018/9月のトピックス

平成30年度年次経済財政報告

芦村フェローからのご案内「経営環境ニュース」

**************************************

293

●2018/8月のトピックス

研究開発型ベンチャー支援事業

芦村フェローからのご案内「中小企業に求められるExcel活用術」

**************************************

292

●2018/7月のトピックス

平成29年度エネルギー白書

芦村フェローからのご案内 環境経営ニュース

**************************************

291

●2018/6月のトピックス

ものづくり基盤技術の振興施策(ものづくり白書)

芦村フェローからのご案内 中小企業における温暖化防止活動の進め方

**************************************

290

●2018/5月のトピックス

地域・まちなか商業活性化支援

芦村フェローからのご案内 環境経営システム情報

**************************************

289

●2018/4月のトピックス

IT導入補助金

芦村フェローからのご案内 創業・第二創業促進補助金制度について

**************************************

288

●2018/3月のトピックス

知財総合支援窓口

芦村フェローからのご案内 我が国の省エネルギー政策の推移について

**************************************

287

●2018/2月のトピックス

平成30年度予算「中小企業活路開拓調査・実現事業」

芦村フェローからのご案内 災害とBCPについて

(Business continuity planning事業継続計画)>

**************************************

286

●2018/1月のトピックス

信用補完制度の見直し>

芦村フェローからのご案内 現状の事業活動の改善

EA21GL改訂の狙いとポイント

**************************************

285

●2017/12月のトピックス

第4次産業革命の概要>

芦村フェローからのご案内 管理者育成について

**************************************

284

●2017/11月のトピックス

内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017>

芦村フェローからのご案内 「グリーンツーリズム事業」 「EA21GL改訂対応5」

**************************************

283

●2017/10月のトピックス

総務省「テレワークマネージャー」派遣申請の受付開始>

芦村フェローからのご案内  「後継者育成について」 

**************************************

282

●2017/9月のトピックス

「平成29年度予算/平成28年度補正予算関連事業」

芦村フェローからのご案内 「地域農林水産商品の高付加価値化」 「EA21改定 効果ある省エネへの対応」 

**************************************

281

●2017/8月のトピックス

「事業承継5ヶ年計画」>

芦村フェローからのご案内 販路開拓の留意点について 

**************************************

280

2017/7月のトピックス

「平成28年度中小企業の動向」及び「平成29年度中小企業施策」(中小企業白書)、並びに「平成28年度小規模企業の動向」及び「平成29年度小規模企業施策」(小規模企業白書)>

芦村フェローからのご案内 中小企業等経営強化法 2 「経営力向上計画」と「経営革新計画」 

**************************************

279

2017/6月のトピックス

「平成28年度中小企業の動向」及び「平成29年度中小企業施策」(中小企業白書)、並びに「平成28年度小規模企業の動向」及び「平成29年度小規模企業施策」(小規模企業白書)>

芦村フェローからのご案内 中小企業等経営強化法 2 「経営力向上計画」と「経営革新計画」 

**************************************

278

2017/5月のトピックス

平成29年度予算「戦略的基盤技術高度化支援事業」」の公募!>

芦村フェローからのご案内 エコアクション21ガイドラインの改訂1 「廃棄物排出抑制活動」

EA21環境負荷削減活動 EA21ガイドライン(GL)改定への対応1:改定内容概要

**************************************

277

2017/4月のトピックス

平成29年度予算「商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)」の公募!>

芦村フェローからのご案内 循環型社会関連情報2 「リサイクル製品の開発」

EA21環境負荷削減活動 EA21改定への対応2:中小企業向け省エネ法 エコアクション21改訂への対応

**************************************

276

2017/3月のトピックス

平成29年度 下請中小企業・小規模事業者自立化支援対策費補助金(下請小規模事業者等新分野需要開拓支援事業)>

芦村フェローからのご案内 循環型社会関連情報1 「廃棄物排出抑制活動」

EA21環境負荷削減活動 EA21ガイドライン(GL)改定への対応1:改定内容概要

**************************************

275

2017/2月のトピックス

ミラサポ「自営業者利益アップ道場」は、自営業者のみなさんを全力で応援します>

芦村フェローからのご案内 中小製造業競争力強化支援事業の取組について

**************************************

274

2017/1月のトピックス

よろず支援とは>

芦村フェローからのご案内 新エネルギーの活用 経営革新目標の設定・活動計画の策定

**************************************

273

2016/12月のトピックス

東京都医工連携イノベ−ションセンター開所>

芦村フェローからのご案内 地域密着型コミュニケーション事業

**************************************

272

2016/11月のトピックス

28年度経産省関連第2次補正予算>

芦村フェローからのご案内 「省エネ機器開発の留意点 廃棄物排出量削減

**************************************

271

2016/10月のトピックス

特許庁・”知財”を事業に生かす虎の巻!>

芦村フェローからのご案内 「社会にいいこと」と「ビジネス」を両立する社会貢献事業

アイコンMyコンテンツ第1弾」発刊ご案内

**************************************

270

2016/9月のトピックス

「神奈川県CHO(健康管理最高責任者」の構想>

芦村フェローからのご案内 「低炭素社会・節燃活動」「経営革新テーマの決定」

**************************************

269

2016/8月のトピックス

< 

「中小企業等経営強化法」の施行>

芦村フェローからのご案内 「地域産業の振興について」

*************************************

268

2016/7月のトピックス

経産省「水素・燃料電池戦略ロードマップ改訂版」

芦村フェローからのご案内 低炭素社会関連情報「節電活動」と EA21環境負荷削減情報 「環境関連法規とりまとめ」

アイコンMyコンテンツづくり事業」案

*************************************

267

2016/6月のトピックス

平成>28>年度中小企業連携組織対策推進事業「中小企業活路開拓調査・事業化事業」公募中

芦村フェローからのご案内 「経営スタイル」と「而二不二」について」

**************************************

266

2016/5月のトピックス

2016年版中小企業白書

2016年版小規模企業白書

芦村フェローからのご案内 「低炭素社会」についてcop21」「EA21ガイドライン2009の改訂動向」

**************************************

265

2016/4月のトピックス

[地域商業自立促進事業」の募集を開始]

芦村フェローからのご案内 「経営理念」と「自利利他満足」について」

**************************************

264

2016/3月のトピックス

2016年「エネ合」予算に1260億円(2.7倍)経産省、大幅増額>

< 

工場・商業施設向け 平成27年度補正予算補助金と設備改修のポイント>

芦村フェローからのご案内 「ISO9001:2015ISO14001:2015のマネジメントシステム統合」

**************************************

263

2016/2月のトピックス

小規模事業者支援ガイドブック

芦村フェローからのご案内 「エコアクション21ガイドライン2009年版の改正動向」

**************************************

262

2016/1月のトピックス

28年度予算案・27年度補正予算案の閣議決定

芦村フェローからのご案内 「エコアクション21が事業承継に活用された事例」「エコアクション21の環境活動レポートの意図と事例」

**************************************

261

12月のトピックス

情報漏えい対策7つのポイント

芦村フェローからのご案内 ISO9001ISO14001の統合について」

**************************************

260

11月のトピックス

「知」の集積と活用の場の構築について」

芦村フェローからのご案内 [代表者による環境活動全体の評価と見直しの「意図」と「事例紹介」

**************************************

259

10月のトピックス

「経営者保証に関するガイドライン」 

芦村フェローからのご案内 経営に役立つISO改定

**************************************

258

9月のトピックス

「マイナンバー」いよいよスタートへ! 

芦村フェローからのご案内 優良企業事例紹介:産業廃棄物処理業の防災・事業継続計画

**************************************

257

8月のトピックス

「創業スクール」受講生募集中! 

芦村フェローからのご案内 経営者のリーダーシップについて

****************************

256

7月のトピックス

中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン策定 

芦村フェローからのご案内 優良企業紹介:エコクリーニング、経営関連文書・記録の作成管理

****************************

255

6月のトピックス

事業引継ぎガイドライン」、「事業引継ぎハンドブック」を策定 

芦村フェローからのご案内 団体向け小規模事業者持続化支援事業

***************************

254

5月のトピックス

2015年版中小企業白書・小規模企業白書」 発行>

【理事長所見】小規模企業白書を歓迎する  理事長  新井信裕 

芦村フェローからのご案内 

http://www.ems-shounan.com/

平成27年度総会(第19回)

****************************

253

4月のトピックス

「第1回全国創業スクール選手権」
の受賞者が決定しました!<

****************************

252

3月のトピックス

地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金

平成26年度補正予算案 929.5億円

****************************

251

2月のトピックス

薬事法が改定に伴って>「薬機法」に!

出典「健康産業新聞

成果報告

東京都技術・技能継承事業の実施成果確認書 <="" a="">

代表理事 新井信裕 

 

[色受想行識」と「アイドマ」について! 芦村 尹人

****************************

250

1月のトピックス

"'>「植物工場」 国際規格で認証取得を指南!

〜 横浜市、販路開拓を後押し〜

*****

横浜市では成長分野育成ビジョンに基づき、市内植物工場関連企業の支援を行っていますが、このたび、植物工場のGLOBAL G.A.P.認証取得に向けた支援をします。

****** ****************************

249

12月のトピックス

"中小企業診断士の経営診断技術・技能の継承を図るためのオープン・イノベーション研修会!"

 

 東京都中小企業団体中央会が実施している東京都の平成26年度補助金事業である「技術・技能継承事業」に採択されて開催されている研修事業です。

 

テーマ :「コト作り」をベースとする、生産・流通・サービスの全プロセスを一貫する経営診断に関するオープン・イノベーション研修会」

過年度の経営診断を振り返り、また今日的な経営診断に求められている課題を踏まえて、新たな経営診断技術・技能の開発に関し、次のテーマを設定し、従来の業種・業態中心の経営診断制度を進化させ、「コト作り」中心の新たな診断技術・技能の開発を目指しています。

1)コト作りのコンセプト新体系化導入

2)モノ作りへのコト作り導入

3)コミュニティビジネスに活かすコト作り

4)サービサイジングにおけるコト作り活用

5)小規模企業経営に活かすべきコト作り

 

事業実施の目的

中小企業診断士の経営診断技術・技能の継承を図るために、組合員全員を対象として最新の「診断技術・技能研修会」を実施し、資質の向上を図ることです。

なお、この研修会は、各組合員が。自己の専門分野に関する最新の技術・技能に関し、レジュメを作成し、研修講師を交互に務めて、その妥当性を相互に検証するとともに、組合の事業として、中小企業診断士研修に活用するものです。

 

248

11月のトピックス

かながわスマートエネルギー計画!

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f300183/

神奈川県(神奈川県産業労働局 エネルギー部地域エネルギー課)は22日、平成25(2013)7月に制定した「神奈川県再生可能エネルギーの導入等の促進に関する条例」に基づく計画として、2030年度を見通した目標や基本政策等を定めた「かながわスマートエネルギー計画」を策定しています。

**********************************

事前アナウンス

神奈川科学技術アカデミー(KAST)にあって

テーマ「首都圏での科学技術政策と産業振興政策の現状」

“科学技術創造はじめ地域に貢献する産学公連携機関として事業活動を展開”

講 師 公益財団法人神奈川科学技術アカデミー(KAST

 理事長 馬来 義弘 

******************************************************************

247

{[かながわ「医療機器産業参入セミナー」その先に!

****************************************************************

246

9月のトピックス

"さがみロボット産業特区!

****************************************************************

245

8月のトピックス

"3Dプリンターの夢と現実!

****************************************************************

244

7月のトピックス

"平成26年度 技術・技能継承事業(東京都中小企業団体中央会)

東京都の補助金事業である「技術・技能承継事業」を紹介します。

****************************+++++********************************<><><>

〜募集〜 2014712日(土)制定

経営診断技術マニュアル」作成事業

<主 旨>

コンサルティング・サイエンスに基づいた「経営診断技術マニュアル」を新たに研究開発することに参画することのよって、参画診断士自らのスキルを高めるとともに、共同研究によって優良診断のコンピテンシーモデルで能力の幅を広げることを目的とするものです。

***************************************************************************

243

6月のトピックス

●総会及び26年度事業計画

242

5月のトピックス

アイ・コンサルティング協同組合を取り巻く環境の考察と活動方針

*******************************************************************

241

---------------------------------------------------------------------

4月のトピックス

●●アイコン特別セミナーの報告

講 師 一般社団法人 日本経営士会 会長 高橋 栄一氏

---------------------------------------------

・「経営士」・「中小企業診断士」・「イング・コンサルタンシー代表」

・解決策仮設定、事業計画以下を担当し、  診断ノウハウを提供。

テーマ「経営士会の会長としてH25年度 の活動実績づくりに貢献」

■日 時 平成25日(15:30〜17:00

      所要時間 1.5時間(意見交換を含む)

■場 所 「京華コミュニティルーム」

-----------------------------------------------------------------

240

3月のトピックス

●経営診断技術革新承継講座 無事修了

4−社会貢献する経営診断技術への革新を目指して−

東京都中小企業団体中央会 主催

 平成26年 216日(日)、1430分〜1700

「ヒヤリング技術・技能及びプレゼンテ―ション技術・技能」

場所:中央区立ハイテクセンター第2会議室

 

2014216日(土)配布

中小企業のニーズに応えられる経営診断技術・技能コンテンツ」研究開発 

〜 診断士イノベーション事業(略称)〜

244に発展、募集へ